[2010a][SmartNews]近年、高度化している犯罪から家と家族の安全を守る「ホームセキュリティ」とは?

近年、高度化している犯罪から家と家族の安全を守る「ホームセキュリティ」とは?

PR:関電SOS

  • 山田さん、ホームセキュリティって知ってる?
  • 自分はあまり詳しくないですけど、これからのことを考えると知っておいた方がいいですか?
  • そうだね、この機会に僕がどんなものか説明してあげるよ。
  • ぜひ、お願いします!

ご自宅の安全を守る方法としては、大きく分けて2タイプあります。

 

まず、自宅の屋外や屋内に防犯カメラを設置するなど、自分で防犯対策を行なうものが「セルフセキュリティ」といわれています。

 

不審者による外部からの侵入を監視したり、小さいお子さまの留守番の様子を見守ったりできるようになるのが特徴です。

 

 

取り付ける機器の種類や数などを自分で決め、工事も自分で行うなど、価格を比較的安価に抑えることが出来ます。

 

しかし、万が一のトラブルが発生した場合、基本的には自分で対応する必要があります。

 

一方、警備会社がサービスを提供する「ホームセキュリティ」は、警備システムをオンにすれば、警備会社が365日24時間体制で自宅を監視してくれます。

 

万が一、センサーが異常を感知した場合には、警備会社の監視センターから指示を受けた警備員が自宅へと駆けつけ、対処してくれます。

 

必要な場合には警察に通報してもらうことができ、高い安心感を得られる場合が多いことが特徴です。

ホームセキュリティってそんなに重要?

  • 山田さん聞いた? この間、鈴木さんの自宅に空き巣が入ったらしいよ。
  • えっ!?
    防犯とかセキュリティーって何も対策されてなかったんですか?
  • 玄関前とかに防犯カメラはあったみたいだけど、どうも2階の窓から侵入されたらしいよ。
  • そういえば最近、「家に人が居ても侵入してくる手口」なんてものもあるらしいですね。
  • 昔より犯罪の手口も巧妙になってるらしいから人ごとだと捉えずに、
    しっかり自分と家族のこととして考えた方がいいかもしれないね。

 

ここで

「住居に侵入して、
金品を盗まれる被害」

についてもいくつかの種類があることをご存じですか?

 

    • 空き巣:
      誰も居ない留守を狙って住居に侵入し、金品を盗むこと

 

    • 居空き(いあき):
      家の人間が食事や用事をしている最中に住居に侵入し、金品を盗むこと

 

  • 忍び込み:
    家に人が居るときに侵入されるケースで「居空き(いあき)」と似ていますが、深夜帯で皆が寝静まった頃に侵入すること指します。

 

これらすべてに対して防犯の効力を発揮するのが警備会社のステッカーです。

 

シールがあることによって、

 

    • 「警備サービスを利用しており、防犯意識が高そうだと思った」

 

    • 「窓や室内に設置されているセンサーが気になった」

 

  • 「警備会社が駆けつける」

 

などの理由で、窃盗や住居侵入の犯行をためらった、というデータもあるからです。

 

 

ましてや、共働きのご家庭で遅くまで家に人が居ないということや、昼間は高齢者しか自宅に居ないということが、窃盗犯にわかってしまうと、侵入被害に遭うリスクが高まってしまうこともあります。

 

また、小学生や小さいお子さまが居られる自宅でも、夕方まで子供だけで留守番しているところに泥棒が侵入すると・・・ご両親からすれば考えたくもありませんよね。

 

  • ホームセキュリティの会社って結構色々あって、設置する機器の台数によっては、料金がすごく高くなるんじゃない?っていうイメージです。
  • 確かに、それは各社によって変わってくるよね。
    そんな山田さんにも、オススメできるホームセキュリティ会社があるよ!
  • え!なんていうところですか?
  • それはね、「関電SOS」っていう関西電力グループの会社だよ!
    今ならお得なキャンペーンもやっているみたいだよ!

 

そもそも、関電SOS ホームセキュリティっていくらで、どんなサービス?

 

まず、プラン内容が設置機器の「レンタル」か「買取」の2種類から選べます。

「レンタルプラン」:
契約期間5年
以降1年ごとの自動更新

「買取プラン」:
契約期間1年
以降1年毎の自動更新

【サービス料金】

「レンタルプラン」

 

 初期費用 ¥38,000

 ???

 月額料金 ¥5,400

 

今ならキャンペーン期間中につき、お得に加入することが可能です(3/29まで)

 

  • 通常でもリーズナブルなのに、キャンペーン期間はさらに安くなるんですね!
  • そのとおり!
    1ヶ月の新聞代程度の価格で自宅の安心が守られると考えたら決して高くない買い物だと思うよ?
  • 確かに!この金額なら考えたいですね!
    ちなみに「ベーシックメニュー」ってどのような内容なのですか?

 

ベーシックメニュー

関電SOS ホームセキュリティの最も基本的なサービスです。

 

【SOSパッシブセンサー】

関電SOSのセンサーは広範囲の3次元エリアをカバーし、侵入をキャッチする高性能パッシブセンサーを採用しています。

 

 

このセンサーの大きな特徴は、

高性能センサーにより設置数が少なくてすむこと

通常、セキュリティセンサーと聞くと、
部屋の数カ所にセンサーを取り付けたり、窓には窓のセンサーを取り付ける必要があり、おのずと設置台数が多くなってしまうイメージがあります。

 

しかし、関電SOSが提供しているセンサーは、人が放射する遠赤外線の動きや変化を立体的に監視して異常をキャッチする仕組みで、高性能かつ高い信頼性を誇っており、オフィスの警備などにも使用されています。

 

 

そのため、部屋の1箇所に設置するだけで部屋全体をカバーしてくれます。
取り付ける設置台数が少なくて済み、工事の日数も短くて済みます。

築年数が古い木造の住宅でも取り付けが可能

関西圏内では地域柄、築年数が古い木造の家も数多く見られます。

 

防犯は気になるけど、機器の取り付けが大変ではないか、不安に思われる方もいらっしゃるかと思います。

 

関電SOSでは、天井に取り付けるセンサーから操作を行なうコントローラーへの信号送信を「無線」で行なっています。

その為、センサーとコントローラー間は基本的に無線で連携するため、設置工事の時間短縮となり、お部屋の美観も損なわないようになります。

【SOS 非常ボタン】

 

加入された方には「SOS非常ボタン」という持ち運びが出来る携帯型のボタンも付いてくるので、夜、寝室で不審な物音や気配を感じられた時に、部屋から出ることなく警備会社へ異常を知らせることも可能です。

【ステッカー4枚】

 

空き巣などの侵入の抑止力を高めることができる大きなステッカーを家の外に貼っていただけます。

 

サイズは「SS」から「LL」まで用途に応じて5種類の中からお選びいただけます。

 

 

加入者へのインタビュー

    • 「関電SOS ホームセキュリティ」にご加入されてみていかがでしたか?
    • 私も妻も共働きで娘がまだ小学生なので、1人で留守番させることを考えると不安がありましたね。
      そこで、家族と相談して加入したのですが、プロに守ってもらっているという実感があるので安心感が違います。
  • 「関電SOS ホームセキュリティ」にご加入されてみていかがでしたか?
  • 私は、妻と子供3人と祖父の6人家族ですが、夜は1階のリビングで家族そろってテレビを見て過ごすことが多いです。
    でも、すぐ隣の地域で「忍び込み」の被害が出ていたのでずっと不安でした。
    そこで、本サービスに加入したところ、就寝以外使っていない2階の安全も1階に居ながら確認できるようになり、今では安心して家族の時間を過ごしています。
  • 関電SOSご加入の決め手は何でしたか?
  • 私は、数年前に病気をしてしまい、健康面でも不安を抱えていました。そんなことを営業担当者さんにお話すると『不審者だけでなくて、具合が悪くなった時も、いつでも押してくださいね』とやさしく言ってくださいました。家や財産といった防犯以外の部分でも安心できると思ったので、加入を決めました。

 

  • 山田さん、どうかな?
    「関電SOS ホームセキュリティ」について理解出来たかな?
  • はい!
    すごくわかりやすかったです。
    僕も家族のために、家の安全について「関電SOS ホームセキュリティ」を検討しようと思います!
  • そうか、それは良かった!
    プロに任せられることはプロにお願いするのも一つの方法だよ。
  • オプションサービスも充実しているみたいなので、より詳しいサービスについて、早速問い合わせてみます!

[2010a][SmartNews]近年、高度化している犯罪から家と家族の安全を守る「ホームセキュリティ」とは?

いいね!と思ったらシェアしてね♪