PR:株式会社 ビタブリッドジャパン

突然ですが、自分の家系は祖父にはじまり、父も私が中学の時にはもうハゲていました。

 

だからいつかはハゲるのだろうと覚悟はしていたのですが、いま30歳という扉を開けて思うことはただひとつ。

 

「どうかハゲないでくれ・・・」という強い願い。

 

しかし20代後半から怪しさはありました。

 

枕にけっこうな数の抜け毛が。お風呂あがりに髪を乾かすと洗面台が・・・。


とは言ってもまだ人様にモロバレするほどでもなかったので、髪型でうまくごまかしていたつもりだったのですが、愛する我が娘の友達が家に遊びに来た時に悲劇はおきました・・・。

 

「優子ちゃんのパパってハゲだね~!」と何の悪気もなく言われました。。

 

それからですね。

娘が自分と一緒にいることを嫌がってきたのは。こんな悲しいことはないですよ。

 

きっと妻や会社の後輩も同じことを思ってたのでしょうか。

藁にもすがる思いで見つけたのが